2006年04月29日

≪連作、星の王子さま“終焉”≫

『本日の航海先・世田谷区、奥沢・O’s nest・波終・風話』

潮の香のするその町は、いつまでも快晴なんだ。

海にもうすぐ変わる、その川はけして綺麗とは言えなかった。
前輪の無い自転車や、疲れた革ジャン。時にはタンスなども落ちていた。
まるで全ての流れに逆らうように。

「今、いくちゅなの?」って聞かれると、
小さなその指を、やっと三本立たせる事が出来るようになった、その男の子は、
とても好きな人形があって、何処に行くのも一緒だった。
今日も、お母さんと一緒にその人形を連れて、川沿いの道をテクテクと、
水平線をめざし散歩をしていた。
いつもにまして、はしゃぐ元気な男の子。
そんな時、取り外しが可能なその人形の頭が、フェンスの向こうの川に、
少し跳ねながら、転がり落ちていった。

どんどん見えなくなっていく頭。川を見下ろす男の子、天を仰ぐお母さん。
その現実を受け入れるには、幼すぎるその男の子は泣き叫び。
それを、必死になだめるお母さん。何かにすがりたい気持ちは、母も子も一緒だった。
そんな二人が、必死に切実に出した答えは、・・・「海にたどり着くかも!!」だった。

波打ちぎわを下を見ながら、毎日歩きはじめて、三週間。
今日もオレンジ色に染まったその場所から帰ろうとしない男の子に、お母さんが、
しっかり目を見ながら、ついに切り出した。・・・・・「自分達で作ってみようか?」
自分に言い聞かすように、小さくそして力強く、首をたてに振る男の子。

あれから三十年。
紙粘土で出来た、ちょっといびつな頭を持つピノキオと、あの時の心は、
今でも何処かには、ちゃんと在るんだろうか?

そんなんで今回の作品(クリックすると拡大画像になります。)
【ラフ】
コート ラフ.jpg

【全体】               【バラ部分】
コート全体.jpg コート バラ.jpg

【タイトル】
・≪連作、星の王子さま“終焉”≫

【制作者】
・船長Chii ・船大工Ma-Bo-

【花材/材料】
・バラ(ローテローゼ) ・レモンリーフ ・ツツジ
・コート

【作者コメント】
「この王子さまの寝顔を見ると僕は涙の出るほど嬉しいんだが、
それもこの王子さまが、一輪の花をいつまでも忘れずにいるからなんだ。
バラの姿が、眠っている間もランプの灯のようにこの王子さまの心の中に
光っているからなんだ・・・・・」(“星の王子さま”岩波少年文庫より抜粋。)

今回で、この連作も最後です。
最後なので、今回はこの本のイラストは使いませんでした。船長のイメージです。
使ったコートは実際に船長が三歳の頃、着ていた物です。
星の王子さまの映画を見た母が、そのイメージを基に自ら作ったコートです。


「もう一度、探してみないかい?」
です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 16:40| Comment(13) | TrackBack(0) | 船長と星の王子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

≪ミギマワリノトケイ≫

『本日の航海先・世田谷区、奥沢・O’s nest・波名・風決』

審査発表!!
我がバングラッシー号の船番、ウシの名前募集にたくさんの応募、
ありがとうございました。
予想以上の応募があり、ウシともども審査員一同、たいへん喜んでおります。
審査基準として、時が経っても飽きない名、ウシの反応の良いもの、です。
まず、それらを満たし、一次審査を通過し最終候補に残った五つを発表致します。

・カズーマンさん(バングウ) ・キタさん(モーリスあたろう)
・DonTさん (ToRo) ・nekoさん(バンドーさん)
・KAORIさん(うっしゃ!くん)
以上、五点の中から厳正なる船長の独断と偏見、そしてウシの反応を考慮した結果。
デケデケデケデケデー♪・・・・・ジャジャン♪

☆キタさん(モーリスあたろう)に決定致しました。

キタサンおめでとうございます。
特に何も出ませんが、この名誉を胸にこれからも精進してください。
尚、特別賞としてMA−BO−さんには、“数打ちゃ当たらないで賞”を授与いたします。
皆さんたくさんの、応募ありがとうございました。
ウシの名前実行委員長、船長Chii。

んで今回の作品(クリックすると拡大画像になります。)
【ラフ】
トケイラフ.JPG

【全体】            【文字盤】          【水面】
トケイ.jpg トケイ文字盤.jpg トケイ水面.jpg

【タイトル】
・≪ミギマワリノトケイ≫

【制作者】
・船長Chii ・船大工Ma-Bo-

【後方確認、番】
・船番Mourlis A Tarou

【花材/材料】
・レモンリーフ ・ウンリュウヤナギ ・フェイクローズ
・鉛板 ・壊した時計

【作者コメント】
今回は珍しく自分を励ますために作りました。その為、連作はお休みです。
最近ついてなく嫌な事が多くおきて、やけに後悔の日々で
「あーすれば良かった!こーすれば大丈夫だった!」
なんて考えてる自分に嫌気が差し、いつまでもウダウダ言ってても仕方ねーべ。
進んだ時は戻らないし、決して時計は左には回らない。って気持ちで作りました。
時計。右向きの矢印。それを映す鏡。がモチーフです。
ちなみに秒針のみ本当に動きます。

「向いてる方向にしか、進まねーんだよ!!」
です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 01:32| Comment(14) | TrackBack(0) | 船長の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

働き者と怠け者

『本日の後悔先・品川区、Banglassi・波黒・風白』

正月に実家に帰った。
うちの実家には、サクラ、ユメ、ナツ、ハル、って言う四匹の犬がいる。
昔はもっとたくさんいて、これでも今は少ない方。
だってチョット前には、猫、鳥、金魚、しまいには豚までいたこともあるんだから。

それで、今回帰ったら、なんと天井からウシがぶら下がってた。
あっヌイグルミだけどね。それでも、ちょっとビックリするじゃない。
だって天井から、ウシだよ。
しかも、これがちょっとリアルで、微妙に可愛く無いんだわ。
んで、話を聞いたら、どうやら船長へのお土産らしくてさ。
「なんで俺にウシ?」と聞いてみたら、なんて言ったと思う?
船長がウシ年だからだって。しかもやけに嬉しそうなの。
もー意味が分からん!! でも結局・・・引き取ってきてしまった。

んで今は、Banglassi一番の働き者“ラッシー号”に住み着いています。
んでこのウシが、まー怠け者で寝てばっかりだから、働けって言ったんだわ!
そしたら、「後方確認してるよ。」だって。

【ウシ】              【ウシ仕事中】
うし2.jpg    うし.jpg

≪名前募集≫
「この子の名付け親になりませんか?」
・年齢不明。
・性別不明。
・出身地、茨城県。
・現住所、ラッシー号。
・役職、 船番

このウシらしい名前を募集します。応募資格はどなたでも結構です。
一人いくつでも応募可能。応募はこのブログのコメントまで。
発表は次回のブログにて、行います。
採用した名前は名札にして、このウシに着ける予定です。
では、皆さんの考えた楽しい名前、お待ちしております。

ウシの名前実行委員会 委員長Chii。


「名は体を表す。」
です。

↓ ホームページのギャラリー更新しました。 ↓
花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 00:00| Comment(16) | TrackBack(0) | 船長の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

≪連作、星の王子さま“一人ぼっちの王様”≫

『本日の航海先・世田谷区、奥沢・O’s nest・波裸・風王』

最近好きな言葉がある。
そりゃーよ。六年も七年も同じところで働いてると、後輩も増えてきて、
気が付けばよ。先輩よりも後輩の方が多かったりするんだわ。
そーするとさ、知らねーうちになんか、偉くでもなった気がしてきてよー。
勘違いするんだわ。

本当はさ一人じゃ何も出来なくて、みんながいるからさ、何とか出来てるのに。
所詮、ただの人なのによー。感謝って難しいな!!
そういえばさ、バーちゃんが、こう良く言ってたよ。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
ってね。

そんなんで今回の作品(クリックすると拡大画像になります。)

【基イラスト】        【ラフ】
王様イラスト.JPG  王様ラフ.JPG

【全体】            【王冠部分】
王様.jpg  王冠.jpg

【タイトル】
・≪連作、星の王子さま“一人ぼっちの王様”≫

【制作者】
・船長Chii ・船大工Ma-Bo-

【花材】
・バラ ・グニユーカリ ・ウンリューヤナギ ・レモンリーフ

【作者コメント】
「しかし、王子さまは、ふしぎでなりませんでした。こんな小さい星だのに、
王さまは、いったい、なにを支配しているのでしょう・・・・」
(“星の王子さま”岩波少年文庫より抜粋。)
あえて、服装のポイントと王冠だけを作り、王様の部分は作りませんでした。
見た目は少し分かりづらくなりましたが、裸の王様もイメージした結果です。

「なー。何になりたいんだい?」
です。

花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 09:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 船長と星の王子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

≪連作、星の王子さま“世界に一つだけのバラ”≫

『本日の航海先・世田谷区、奥沢・O’s nest・波白・風鳥』

ランチを終えたサラリーマンが、急ぎ足で会社に戻る頃。
ちょっと大き目の道路で渋滞にはまった。
視界に入るのは、真っ直ぐに点々と並ぶ赤いランプと
両側に綺麗に並ぶビルだけで。その風景がさっきからちっとも変わらない。

見るでもなく、縦に細く伸びる空を眺めていた。その時。
少しあごを上げると、ちょうど目線とかさなる位置に、何か動く白いものがいた。
「トリ?」 確かに鳥なんだけど何か変だ? 何だ? サイズだ!!
明らかに都会で目にする鳥の大きさではない。
かといって、見たことも無いほどの大きさではなく、
多分、海や山に行けば、そんなに不思議ではないサイズだろう。
ただ、この場所にはその真っ白な姿と大きさが、とても不自然だった。

そんな事を頭の中で整理しているうちに、大きく弧を描き視界の外に行ってしまった。
ぐるぐるとその場で頭を動かすが、それを見つけるには、この車も、そしてこの街も、
邪魔なものが多すぎた。

結局その後もその鳥を見ることは無く、「綺麗なものと出会えたなー」と思っている。
でも、こんな綺麗なものや不思議なことも、たまに出会うと覚えてるが、毎日見てたら
日常になるんだろう。

そんなんで今回の作品 (クリックすると拡大画像になります。)
【基イラスト】
世界のイラスト2.jpg世界イラスト.JPG

【ラフ】
世界の ラフ.jpg

【全体】
世界の全体.jpg

【ジョーロ部分】       【バラ部分】
世界のジョーロ.jpg 世界の バラ.jpg

【タイトル】
・≪連作、星の王子さま“世界に一つだけのバラ”≫

【制作者】
・船長Chii ・船大工Ma-Bo-

【花材】
・レモンリーフ ・ハラン ・バラ(ローテローゼ)
・ハイゴケ

【作者コメント】
「僕は何も分かっていなかった!花のふるまいで判断すればよかったのに。
彼女はとてもいい匂いがしたし、輝いていた。僕が逃げ出したのは間違いだった。
あの小細工の陰にかくれた優しさを察してやれば良かった。
花というのはとても矛盾した性格だからね!
でも僕も若かったし、彼女の愛し方が分からなかったんだ。」
(集英社文庫“星の王子さま”池澤夏樹新訳、より抜粋)

「見つけよーぜ、見えなくなる前に。」
です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 13:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 船長と星の王子さま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

白の門出

『本日の航海先・東京都目黒・栃木県宇都宮・波白・風祝』

先週の土曜日と日曜日、結婚式に出席した。
一組は船長が前に働いてた花屋の同僚。
一組は船長が今働いてる花屋に、前に働いていた子。
二組とも元花屋で、その元花屋さん達にブーケを頼まれたんだわ。

だけどよー、経験者に頼まれるほど、嬉しい事は無いんだけど、
その分緊張もするんだよね。だってさ、花屋が持つブーケだからよ、
見に来る方も同業者が多いし、ましてや持つ本人も厳しい目で見るからね。
それなのに二組とも、挙式用のメインブーケを頼んでくれてさ、船長嬉しかったんだわ。
持込禁止やら、付き合いやら、色々問題も在るのによー。
そりゃーよ、いつもにもまして頑張ってきたよ。

そーいやよ、今日もブライダル関係の仕事を頼まれたなー。
なんか最近、ブライダルづいてるわ。

そんなんで今回の作品(クリックすると拡大画像になります。)
【一組目のブーケ】
m ブーケ.jpg
【二組目のブーケ】
iブーケ.jpg iブーケ2.jpg

【制作者】
・船長chii

【作者コメント】
・一組目のブーケ
このブーケは、カラーを束ねた感じの物でカーネーションは入れないで。
と言うだけで、ほとんど注文ありませんでした。
ただ話した感じでは、スッキリしていて、ゴージャスな感じが良いのかな
と思い、こんな形にして見ました。

・二組目のブーケ
こちらは対照的に注文が多く。神秘的でスッキリしてるが、
ごちゃごちゃした感じ。しかも友人二人にプレゼントしたいので、
二つに分かれるようにして下さい。との事でした。
一つでも違和感なく、しかも分かれて見ても、おかしく無い物、
を目指して作りました。

二組とも喜んでいただき。笑顔がこぼれる気持ちの良い式でした。
改めて、おめでとう。そしていつまでも、手と手をつないで、
心をつないでいってくれー。

「全ての心に在るんだぜ!!、白はよー。」
です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 船長の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

≪春一番≫

『本日の航海先・世田谷区、奥沢・O’s nest・波誕・風星』


春になると色んな人が出てくる!!

みんな一生懸命生きててさ、飯食うために頑張って働いて。
それでも良いことばかりじゃなく、嫌んになる事も沢山あってよ。
そんな中でも、楽しい事を見つけながら、前を見ようとして
明日を向かえるじゃない。

でもよ、いるんだよね。そう言うことが解らず自分のことは
たなにあげてよ。「自分は何でも分かってる」みたいな顔をしてさ
人の生き方に水を差して、人を愛せず、自分も愛せず。
そんなつまらんタイプの人がさ!!だけどさ人生紙一重。
自分もそんな感じの人かもしれないし、そんな風になるかもしれん!
それでもさ「そんな人にはなりたくない」って思う、船長なんだわ。

そんなんで今回の作品
(クリックすると拡大画像になります。)

【ラフ】
春一番ラフ.JPG

【全体】
春一番.jpg

【下から】           【バラ部分】
春一番 下.jpg   春一番 バラ.jpg

【タイトル】
・≪春一番≫

【制作者】
・船大工Ma-Bo- 船長Chii

【花材】
・ツタ ・スコッチシダ ・テッポウユリ
・バラ(BMW) ・スプレーバラ(スプレーウイット)

【船長コメント】
今回は、船大工Ma-Bo-!!ついにO's nestでのデビュー作です。
今後とも皆さんBanglassi共々、船大工Ma-Bo-を宜しくです。

【作者コメント】
サクラ吹雪、花舞散らす、イタズラ好きな春の風。
目で見ることの出来ないイタズラ物を追い求めたら、
頭ん中に悪戯物の正体が。そんなこんなで春一番の誕生です!!
皆の周りには目に見えない!こんなイタズラ物がイッパイ居るかもね!

「なー、吹き飛ばしちまおうぜ!!」
です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 船長と仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

桜舞う季節の話

『本日の航海先・世田谷区・代沢・波旅・風立』


三十二回目の四月です。
この時期は、皆さん良い意味でも悪い意味でも決断の時で、
それを見守る方はその数だけ、出会いと別れがやって来て、
それは寂しくもあり、嬉しくもある。
船長にとって四月ってさ、そんな季節だわ。

船長の職場にも、そんな子がいて、その子はこの四月から新しい場所で
働く事になったんだけど、やっぱり寂しいんだわ。
感性が豊かで物事を的確に把握し判断する。その姿に船長大分助けられ、
そして、その明るさに本当に励まされたんだわ。
それでこんな時ぐらいカッコ良く、何かしてあげたいんだけどさ、
色々考えるんだが、結局何もできず、傍観するしかなくてよ。
またしても 見送る側の無力さを感じるんだよね。

そんなんで今回の作品
(クリックすると全て拡大画像になります。)
【全体】            【バラ部分】         【カラー部分】
bd.jpg  bd2.JPG  bd1.JPG

【制作者】
・船長Chii

【作者コメント】
前にもブログで書きましたが、スタッフに誕生日の人がいるとブーケを
先輩が作るという習慣がありまして、
今回はその新しい職場に行く事になった子が、少し前に誕生日で。
その時に作った誕生日用のブーケです。五つの別々の花束が合わさり、
一つの形になってます。そんなブーケに寂しさと感謝を込めました。
実は作ってたら色んな思い出が浮かんできて、あまり集中できず
大分時間が掛かってしまいました。

「よー。行くんなら、振り返るな!!」
です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 船長と仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。