2006年07月29日

≪手に入れなきゃいけない物≫

『本日の航海先・渋谷区、神宮前・Design FESTA Gallery!・波家・風変』


「Tシャツなんてよ、五百円だよ。ゴ、ヒャ、ク、エ、ンー!!」
なんて船長がまだまだ、貧乏と夢の区別も出来ずに吼えてた頃、
その建物は、遠く輝く楽園の様だった。

DFG.jpg(クリックすると拡大画像になります。)

その昔、本当に貧乏だった頃は、良く原宿に行っていた。その頃其処は古着の天国で、
金無し夢持ちの少年には、便利な街だった。
肩を丸めて早足で歩く季節になる前なら、頭の先から足の先まで、五千円もあれば
全部そろって、おつりも来るぐらいだった。だからその街には本当によく行った。

その日も、十の位まで直ぐに答えられるだけの額しか持たず、友達とプラプラ
ダラダラと歩いていた。
ただその日は、歩いてるうちに話に夢中になり、店にもだんだん寄らなくなり、
いつもと違う路地に入って行ってた。

「あれ?此処は通るの初めてじゃねーか?」
「そーだっけ?たまには来てんじゃねー。」
「そーかな?・・・いや初めてだよ。あんな家見たことねーよ!」
「んん?・・・なんだあれ?家か?」

“狐につままれる”とは、まさにこう言う事だった。暫く二人で唖然としていた。
裏原なんて言われる前のその住宅街に、突然派手な家が現れた。
普通の二階建ての古いアパートに、ペンキを塗りたくり、建築現場の足場に使う
パイプを、壁中に乱雑にそして機械的に組み、目の前の自販機でさえ
元の色が分からない。
「私は芸術です。なにか?」って行ってるような雰囲気の建物だった。
パイプとペンキをかいくぐり、入り口をそーっと覘いてみる。部屋が幾つも在り、
その一部屋一部屋で個展らしき物をやってるらしい。

「なんか、おもいっきし怪しいぞ!!・・・どうする?」
「えーーーまじで?・・・入ってみようよー。」
「でも、金とられんじゃねーか?」
「いや、フリーって書いてるよ。」
「えーーーーーーーまじで!!入んのーー!!。」

それから何年後かの今日。その地に作品展示してきました。

そんなんで今回の作品。(クリックすると拡大画像になります。)
【展示風景】
拘束全体.jpg

【全体】
拘束.jpg

【アップ】
拘束アップ1.jpg

【タイトル】
・≪手に入れなきゃいけない物≫

【制作者】
・船長Chii ・船大工Ma-Bo- 

【花材/材料】
・ゲイラックス ・センニチコウ ・ウンリュウヤナギ
・有刺鉄線

【作者コメント】
友達のイラストレーター“KAORIさん”が、その地Design FESTA Gallery!で
グループ展をやると言うことで先日花を届けに行きました。
(7/30まで開催中、詳しくはコチラ。)
その帰り、その下1階のスペースに丁度空きが在り、勢いで借りました。
本日そこに展示した作品です。

何かに縛られようが、周りを傷つけても、その心に在る物は手に入れたいの
イメージで。
傷つけてしまう人を有刺鉄線で作り、その中に赤のセンニチコウを入れ、
縛るツタと枠をヤナギで作り、手に入れようとするものも赤のセンニチコウ
にしました。

【場所/期間】
・Design FESTA Gallery!
・所在地 :150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-18,1F
・TEL :03-3479-1442
・2006/07/29(土)〜2006/08/06(日)
・詳しくはコチラ

「欲しかった物は、何だった?」
です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 船長の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

華が踊る伝説の日

『本日の航海先・渋谷区・WOMB・波八・風二七』

しかし、最近雨が良く降るねー。こんだけ降り続くと流石に飽きて来るわ。
太陽が全然出ないおかげで、市場に花が少ない。出回ってる花もカビてたり、
虫食い痕があったりと、あまり使い物にならない。これだけ雨が続くと、
農薬が流れてしまって効き目がないらしい。農家さんも大変だわ。

そんな中、BangLassiついに夏のイベントが決まりました。
BA.BA.REEBA主催のこのイベントに出演し始めて、気が付きゃ三回目。
前回同様、クラブの熱気あふれるダンスフロアーの中、ライブで
人に花を活けます。

09.bmp(←前回の画像。詳しい様子はコチラ

一回目、二回目と女性を花で草飾してきたんで、今回は男性にしました。
注目の、初男性モデルは本人たっての希望で、O's nestのオーナー、
Kitaさんに決定です。Kitaさんが草飾され、何に化けるか?は、
当日その目で確認し、その身で感じてください。

そんで、なんと今回はライブパフォーマンスだけじゃなく、
同じフロアーで個展もやるんで、こちらも是非必見!!。
船長筆頭にBangLassi号のクルー共々、只今、右脳が高速回転中。
前回以上に今回は間違いなく凄いよ!!
こう言う感じのパフォーマンスは、暫くやる予定が無いので、今回は必見!!
友人知人、親族、同僚、みんな誘って、短い夏の最後に
初めての体験をしに来ないかい? いや、是非来てくれ!!

そんなんで今回は詳細。(クリックすると拡大画像になります。)
827.jpg 

【日時】
・2006 08 27 (SUN)
・14:00〜 Open&BangLassi個展
・18:30〜 ライブパフォーマンス

【場所】
・SHIBUYA WOMB (詳しくはコチラ)
・03-5459-0039

【お問合せ】
chii@banglassi.com

「こんなの初めて見た!!」です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 00:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 船長の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

≪武器を手に≫

『本日の航海先・世田谷区、奥沢・O's nest・波武・風変』


この前ニュースで偉い人が言っていた。
「この地球に出回ってる食料で、全人類に食事が行き渡る。」

なるほど!ではなぜ?貧困で餓死して行く子が、世界にはあんなにいるんだ。
何処かの国で、必要以上に食事をしているからか?
何処かの国では、食べ物を無駄にしているからか?
確かにそれもあるだろう。この日本だって無駄に食事をしてるし、
出てきた食事を全部食べてる人ばかりでは無い。
街のカラスが、丸々太れるぐらいに残飯は豊富だ。
先ずは、一人一人が食事を無駄にしない事が大前提だと思う。
だがしかし、本当にそれだけで良いのだろうか?何か違う気がする。

多分、国と国との関係やシステムにも問題は有るだろうし、宗教の違いや、
肌の色の違い、そんな色んな問題も有るだろう。
しかし、貧困な人が多く生まれる原因は、やっぱり戦争なんだと思う。
国と国との問題が有るから戦争がおきるのか?、戦争がおきたから国と国とに
問題が生まれるのか?
そんなの船長には解らない。
だが、船長でもこれだけは解る。「戦争は絶対に駄目だ。」

そんなんで今回の作品(クリックすると拡大画像になります。)
【ラフ】
銃ラフ.jpg

【全体】
銃.jpg

【的部分】              【銃部分アップ】
銃的.jpg 銃アップ.jpg

【タイトル】
・≪武器を手に≫

【制作者】
・船長Chii ・船大工Ma-Bo- 

【花材/材料】
・ゲイラックス ・スウプレーウィット(白バラ)・ローテローゼ(赤バラ)
・リューカデンドロ ・ミリオンバンブー ・石化ヤナギ ・ゲイラックス
・etc / ・ステンレスシート

【作者コメント】
何処かの国からミサイルが飛んできたり、何処かの国では常に内戦が続いたり、
そんなニュースを見てたら、やるせなくなり今回の作品を作りました。
「手にする武器を変えたら、もう少し平和になるんじゃねーか」って気持ちで作りました。
船長は花屋なので、武器と標的を花に変えました。

「貴方の持つ武器は、なんのためだい?」
です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 23:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 船長の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

≪縛る事の出来ぬ華≫

『本日の航海先・世田谷区、奥沢・O's nest・波七・風夕』

只今、東京はお盆中です。
本当はここに書くような事では、ないのかもしれない。それでも、あえて書こうと思う。
お盆の季節、敬老の日、そんな季節にはここで、思い出の一つでも書こうと思う。

バーちゃんセピア.jpg

船長が東京に出て来て、最初に住んだ部屋は、風呂無しで三万円の部屋だった。
玄関は一つで、玄関を開けるとすぐに階段が在り、階段を昇ると右と左に扉が在り、
左の扉を開けると、船長の部屋。
右の扉を開けると、一人暮らしをしてる実のバーちゃんの部屋だった。
世の中に適応出来ない若い船長と、誰の世話にもなりたがらないバーちゃん。
この二人をお互いに監視させようと言う、母の考えだった。

船長はその頃、学生だった。
バーちゃんもヒョコヒョコと一人で何処へでも行くような、元気者だった。
このバーちゃん、とんだ不良バーちゃんで、ほぼ毎日パチンコ屋に入り浸ってた。
学校帰りに駅の近くのパチンコ屋に寄ると、必ず決まった列にチョコンと座ってる。
「どーだい?バーちゃん出てるかい?」
「あー、チークン来たの。出そーなんだけどね、あっちの台に移ろーか迷ってんだよ。」
「あっ丁度良いや。チークンあっちの台打ってくんないかい?」
「またかよ!!分かったよー。背負うがねーなー。」
大概こんな感じだった。

船長がパチンコ屋に寄った時は、いつも一緒に帰った。
決まって自転車で二人乗りだった。船長の腰に手を回し、女座りで乗るバーちゃん。
「いやー、楽だねー。あっチークンお巡りさんだよ。」
「ほれ、チークン急いで漕いで。」
「こらーーー!!そこ、おりなさーーい!!」
「スイマセンねー。足が悪くてーーー。フハハッハ。」
「何処がだよ。バーチャン足丈夫じゃんよ。」
「まー嘘も方便だよ。フハハッハ。」
なんて、感じだった。

思い出したらきりが無い。本当に沢山の思い出が有る。
そんな、バーチャンも五年前に、あっちの世界に行ってしまった。
骨壷に骨を拾って入れる時、火葬場の人にばれないように、そーっと
パチンコ球も一緒に入れた。
涙をすする音しかしない、その静かな場所に妙に乾いた音で、カラン カランと、
響いてたな。
「どーだい?バーちゃん出てるかい?」

そんなんで今回の作品(クリックすると拡大画像になります。)
【ラフ】
束縛ラフ.jpg

【全体】
束縛全体.jpg

【蓮部分】         【蓮部分アップ】
束縛 中.jpg 束縛アップ.jpg

【タイトル】
・≪縛る事の出来ぬ華≫

【制作者】
・船長Chii  

【花材/材料】
・ドウザンツツジ ・蓮の花 
・金のワイヤー

【作者コメント】
祖母に最初に教わった花の名は、蓮だったように思う。
だから、お盆シーズンと言う事も有り、あえて蓮を使いました。
金のワイヤーで神々しさを表し、ツツジで閉鎖感を出しました。
たとえ金の糸で縛られようとも、あの人は咲くだろう。のイメージで制作しました。

「何処でも、どんな時でも、笑うことは出来る筈!!」
です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 18:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 船長の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

・バングライター ¥89−(税込)

『本日の航海先・東京都、品川区、大井町・波八・風九』

夜中に小銭を握りコンビニへ。

ブログやったり、ミクシーやったり、画像整理したり、なんて事を、
夜中にやる事がおおいいんだわ。
大体二時間〜三時間ぐらいだろうか、PCの前に座ってカチャカチャやってると、
タバコがあっという間に灰皿に溜まってく。
「あれ?こんなに吸ったけ?」って事が良くあんだけど。
この前もそんなんで、気が付くと赤と白のソフトボックスの中が空でよー。
「今日はもう吸うの止めっかなー。」なんて思ったが結局我慢できず、
部屋着のままコンビニに向かった。

「マルボロのソフトを一つ」 とレジで店員に言うと、
「三百二十円です。」 と言うではないか。
こりゃ、困った。手の中には三百円しかない・・・。その顔を見た店員が、こう言った。
「最近、そう言うお客さん多いですよ。」
そんな愛煙家には厳しい世の中なので、
船長あえてBanglassiオリジナルライターを作ったよ。

そんなんで今回はBangライター製作レポートです。
(クリックすると拡大画像になります。)
【制作過程・1】
これだけあると、ちょっと気持ち良いね。
big1.JPG

【制作過程・2】
「もう少し小さい方が良いかな?」っとサンプル作って確認。
big2.JPG

【制作過程・3】
サンプルのサイズに合わせて、シールを印刷。
big3.JPG

【制作過程・4】
シールを切る、切る、切る、切る、休む、切る、切る・・・・・。
big4.JPG

【制作過程・5】
左(紫外線、水、摩擦から守る保護フィルム)右(Bangシール、Lighter用)
big5.JPG

【制作過程・6】
シールを貼る、貼る、貼る、貼る、休む、貼る、貼る・・・・・。
big6.JPG

【制作過程・7】
ついに完成。もう暫くシールもBic社のLighterも見なくて良いな。
big7.JPG


【制作者】
・船長Chii 
 
【タイトル】
・BangLighter

【作者コメント】
船長、ベルトループにいつもジャラジャラと、鍵を沢山つけてるんだが、
その中に、100円ライター用のホルダーも付いてて、このホルダーが
Bic社のminiのライターしか付かない。これが昔ながらの煙草屋にしか売ってない。
しかも三軒回って、一軒ぐらいの確立だ。これが困る。
なので、この間2ケースも大人買いをした。
100本ものライターを見てたら思った。「こんだけ有ればオリジナル作れるな!!」
という事で作ってみました。
一本100円のところ、バングにかけて89円でO's nestにて販売致します。
O's nestに来れない方で、是非欲しいという方はコメント下さい。

「燃え尽きて、灰になっちまったよー」
です。

花職人バングラッシーオフィシャルサイト

posted by 船長Chii at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 船長の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

≪大人の七夕≫

『本日の航海先・世田谷区、奥沢・O's nest・波七・風夕』

七夕の笹、一本300円。

船長が子供の頃住んでた町は、けっこう田舎で、大きな川や、小さい山、
そして、何処までも続きそうな畑なんかが、当たり前にあった。
出かけるときは、いつも自転車だったし、二十分位の距離なら、近いと思ってた。

そんな家から十五分ぐらい行った所に、雷電様って言う神社があった。
建ってる場所は、大人に成った今でも、夜には一人で行けない様な深い山の中だった。
それでも、川もあり、土手もあり、もちろん畑も在るその場所は、
子供の頃の船長には、最高の遊び場でもあり、秘密基地でもあった。

「ちょっと、雷電様に言ってくるー。」っと近所の友達と出かけようとすると、
「暗くならないうちに帰って来るんだよ。・・あっ、帰りに竹の子取ってきてー」
なんて母親は、春先ならば決まって言うし。秋になればなったで、
「ちょっと、イナゴ取ってきてくれない?」
っていう感じだった。

自動販売機なんかはもちろん無かったが、喉が渇けばトマトやキュウリがあったし、
刀の代わりに、ガマの穂でチャンバラもした。カブトムシやクワガタなんて、
その場で捕まえて戦わせたりもした。いろんな事を学んだし、手の届く距離に
本当に何でもそろってた。

そして、この時期はもちろん、七夕の笹も・・・。


そんなんで今回の作品(クリックすると拡大画像になります。)
【飾りつけ前】
七夕前.jpg

【飾りつけ後】
七夕後1.jpg

【タイトル】
・≪大人の七夕≫

【制作者】
・船長Chii ・船大工Ma-Bo-
 
【SPECIAL THANKS】
・Minako ・Mami ・O's nest来店の皆様

【花材/材料】
・笹 ・折り紙 

【作者コメント】
O's nestで向かえる七夕も、今回で三回目です。
七夕の時の作品は、基本的にBangLassiは何もしません。
笹を立てるだけです。
毎年そうなんですが七夕の時の作品は、お客様参加型で皆さんに飾り付けや、
短冊に願い事を書いてもらい、直接付けてもらいます。
なので今回載せた画像も完成ではなく、今この時も、変化し進化してる筈です。
因みに船長Chii、船大工Ma-Bo-が見た中で一番気に入った願い事は、
 “バク転” でした。
今年来れなかった皆さん。来年は如何ですか?


「ソレは、お金で手に入るのかい?」
です。

花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 00:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 船長の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

≪ソノサキヘ≫

『本日の航海先・世田谷区、奥沢・O’s nest・波開・風扉』


daisuke.JPG
この前、rainmanのライブに行って来た。彼は声を高らかに、こう歌ってた。

「踏み出す一歩目の足が、少し震えてる
 だけど、行かなくちゃ。」

「風が強くても、向かい風を楽しむ。
 雨が降りそうでも、まだ降っちゃいねぇだろ。
 さぁ行こう、はじまりだ。」          “リセット/rainman”より抜粋。

生きてると色々在るけどよ、そういう事なんだと思ったんだわ。
つらい事や、どうする事も出来ないこと。本当に色んな事が、突然やって来る。
そんな突然から逃げることは出来る。
それでも逃げた先に、自分の求めてる物が無いことも知ってる。
だから、其処に行かなくては駄目で、行かなければ目にする事も、
つかむことも出来ない。

行こうとして、行けない事も有るだろう。それでも良いと思う。
だって、行こうとして踏み出したんだから。
辛いのも解る。それでもよー、全ての人に平等に明日は来るんだよ。
だから船長、この言葉嫌いなんだけど、あえて言うよ。
「ガンバレ!!」

そんなんで今回の作品(クリックすると拡大画像になります。)
【ラフ】
その先へラフ.JPG

【全体】
その先へ全体.jpg 

【路】            【扉】
その先へ拡大.jpg その先へアップ.jpg
【タイトル】
・≪ソノサキヘ≫

【制作者】
・船長Chii ・船大工Ma-Bo- 

【花材/材料】
・ゲイラックス ・黒枝 ・バラの枝、棘 

【作者コメント】
今回は、悩んでる人、辛い人、そして船長自身に、向けて作った作品です。
この前見た、rainmanのライブ中にイメージが降りてきました。
この混沌とした世の中でも、その先にノックする扉が見えてるなら、
棘の道でも進もう。のイメージで、
カオスを黒枝で表し、路と扉を、葉とバラの棘で作りました。


「本当は見えてんだろ。行き先がさー!!」
です。

花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 20:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 船長と楽団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。