2006年06月09日

≪崩壊と再生≫

『本日の航海先・ジャワ島、ボロブゥドゥール・波再・風生』

前回≪二重螺旋≫からの続きです。

borobu.jpg(クリックすると拡大画像になります。)

早朝五時のその街は、未だ眠りの中で、まるで時が止まっているようだった。
不眠の目に入ってくるのは、車のいない車道と、人のいない歩道、そして、
憎たらしく攻撃してくるような朝日だけだった。
あちこち痛い体に、でかいバックを背負って一枚の手紙を頼りに歩き出す。
前の町で知り合った、インドネシアの友達“デワ”が書いてくれた手紙。
その手紙には、昔デワがお世話になった人の宿のアドレスと、俺らの紹介文、
そして、下手くそな地図が書いてあった。

この地図が曲者で、手持ちのガイドブックと照らし合わせても、一致する所が
見つからない。しばらく考えてみた。・・・ガイドブックをバックにしまった。
地図を右に回し、左に回し、汗で地図に水玉模様が出来た頃、目的の路地を見つける。
「ん?なんだこりゃ!!」
地図に書いてある名前がついてる、この路地の入り口。なんと、鉄の扉がそびえ立つ。
明らかに、「入るなよ」って言ってる感じだ。
ちょっと、戸惑いながらも扉をおしてみた。・・・開いた。

扉の中に入ってみる。さっきまで歩いてた大通りにくらべ、明らかにうす暗い。
カビ臭い道を勇気を出して進んだ。右に曲がり左に曲がり、路地はどんどん狭くなる。
それでも進んだ。
「たぶん次の角を曲がれば、その宿が見えるはず。」
が、見えたのは・・・鉄の扉。今度はご丁寧に、バラ線まで巻いてある。
今度は開けずに隙間から中を除いて見た。 人が寝てた。しかも、まばらに複数。

さすがに戻ろうかなと、来た道を振り返る。もと来た所に戻れる気がしない。
仕方なく、扉を開けた。
虚ろな目をこっちに向ける人達を、見ないようにしながら進んだ。
探していた、宿名が書いてある看板を見つけた。やっとの思いで見つけたその宿にも、
やはり、同じように鉄の扉があり、同じようにバラ線が巻いてある、
ただ、同じじゃないのは・・・・・・扉が開かない。 
(スイマセン。長くなったのでもう一回に分けます)

そんなんで今回の作品(クリックすると拡大画像になります。)
【全体】
再生全体.jpg

【アップ】           【上から】
再生フカン.jpg
【タイトル】
・≪崩壊と再生≫

【制作者】
・船長Chii 船大工Ma-Bo-

【花材/材料】
・マングローブ ・枯れ枝 
・梱包用クッション ・鉛板

【作者コメント】
ニュースで壊れた町を見ても、何も出来ず。そのニュースでさえ、
だんだん取り上げなくなり。
地震がおきてから、ほんの少しの時間しかたってないのに、
もう人の頭からは、忘れられようとしてる。そんな事がスゴク寂しく思う。
結局は“対岸の火事”なんだろう!!
船長も、募金することぐらいしかやってない。
だからせめてと想い、今回の作品を作りました。どんなに壊れても、
頑張って復興してほしいと言う想いで作りました。
瓦礫感を出すために、枯れ木、鉛、を使い。
再生する力強さを、アジアの植物“マングローブ”で表現しました。

「なー教えておくれよ。ラブ&ピースをさー!!」
です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 23:36| Comment(8) | TrackBack(1) | 船長の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁ〜凄いぃ!!素敵♪♪
私この作品大好きです!!!!生命を感じました。『生きる力』って凄いですね★
Posted by アルフ at 2006年06月10日 10:54
ほんとに大変な事件ですよね!
元通りに戻るのは、何年もかかってしまうんでしょうね
何も出来ない自分にもどかしいですね
現地の人達に諦めないで頑張ってしか言えません。
Posted by Ma−Bo− at 2006年06月12日 13:28
W杯をバーで見ながら狂喜乱舞する人たち、幸せそうである。皮肉を振りまいているわけではなく、幸せは本人が感じられればそれでいいという事を言いたいだけ。辛い人に手を差し伸べられるのは、辛い人が見えている人だけだ。できるときにできることを、人は全てはできないのだから。忘れないで、心に刻みながら、作品に想いを込める船長の姿勢に脱帽。オレももっと自分の役割を日本の中で見つけてみよう。
Posted by Don.T at 2006年06月13日 13:01
続きが「樹」になります…
Posted by kazuking at 2006年06月14日 03:18
アルフ さん

コメントありがとう。
そうですね。生きる力って偉大だと思います。
Posted by at 2006年06月14日 12:21
Ma−Bo−

出来ること、言えることって少ねーな。
Posted by at 2006年06月14日 12:22
Don.T さん

出来ることから、少しづつですね。
Posted by at 2006年06月14日 12:24
kazukingさん

コメントありがとうございます。

>「樹」になります…

面白いですね。ありがとう。
Posted by at 2006年06月14日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31416380

この記事へのトラックバック

真ん中にある部屋
Excerpt: やっと新しいパソコン届きました。 スキャナーも使えなかったので、旅の写真が取り込めず、どうにもなりませんでしたが、これでやっと、旅行記の続きも更新できます。 という事で、今日はブログ復活のご挨拶です..
Weblog: ●自問風答●
Tracked: 2006-06-12 17:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。