2006年11月08日

≪一花一葉一鉄≫

『本日の航海先・世田谷区、奥沢・O's nest・波なぎ・風うず』


チョコアン.jpg

この間、つい衝動買いで本を買ったんだわ。
何するわけでもなく、ブックオフに行った。何となくフラフラと行ってきた。
買いたい本が、特に有る訳ではないんだけど、なんとなく行く時があるんだわ。
この間もそんな日で、フラフラと店内を歩いていたら、船長に話してくるヤツがいる。
声のする方を見たら、・・・・この本が在ったんだわ。

買いやすいように、下のテーブルのところに置いてある訳でもなく、
無数にある本に挟まれ、ちゃんと本棚に仕舞ってあった。
それなのにも何故か気になり、手にとってしまった。
特に有名な著者でも、どこかで聞いたことのある本でもなかった。
多分ベストセラーとかでは無い気がする。(有名な本だったらスイマセン。)

何となくペラペラとめくってみた。やっぱり知らん本だった。
んで、裏も見てみた。・・・・意外と高い。古本の割には高い。
「ハードカバーだから、こんなもんか?」っと呟きながら、レジに向かった。

何となく表紙が気にいっただけ・・・。
タイトルの音の響きが好きだっただけ・・・。
持った時の重さが好みだっただけ・・・。

そんな感じで、何となく買ってしまった。・・・まーしかたねーべ。
だって神の声がしたから、神様が「読んでみろ」って話しかけてきた気がしたから。
そんで今まで読んでた本がやっとおわったので、今日から読み始めます。
ちょっと、ワクワクしてんだわ!!(読み終わったら感想文書きます。)

そんなんで今回の作品。(クリックすると拡大画像になります。)
【ラフ】
花葉ラフ.jpg

【全体】
花葉.jpg

【上部分】         【ダリア】
花葉上.jpg 花葉アップ.jpg

【タイトル】
≪一花一葉一鉄≫

【制作者】
・船長Chii 

【花材/材料】
・ダリア(大輪) ・レッドリーフ(アンスリュ−ム) 
・有刺鉄線

【作者コメント】
ここの所、具体的な形を作る作品が多かったので、少し趣向を変えて、
シンプルにして見ました。
華道の言葉で、一花一葉と言う言葉が有ります。それに鉄を加えました。
シンプルって簡単そうで実は難しいのです。
花の声をきちんと聞かないと、出来ないのです。
なので暫く、そのシンプルをBangLassi色にしながら、チャレンジしようと思います。
今回は、その一作目です。

「なー、あの声は聞こえているかい?」
です。


花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 03:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 船長の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「花の声をきちんと聞いて行く」と云う事って常人には計り知れない行為の様な気がします。
でも、その感覚って例えば大好きな人に大好きな料理を作るときのアノ感覚と似ているのかな?
個人的にはパスタを作る時に僕はアノ感覚になります。
Posted by チェリー at 2006年11月13日 04:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31416412

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。