2007年10月24日

≪おしゃべりなカボチャの木(第一話 金色の山)≫

071024_top.jpg

【本日の航海先】
・世田谷区奥沢、O's nest

【花材/材料】
・ススキ、etc

【サイズ】
・width 80〜100cm ・height 30cm〜50cm

【参考価格】
・¥25,000〜(花材、季節、状況等によって変動します。)

【制作者】
・船長Chii

【船長コメント】
皆様ご無沙汰してました。ご心配おかけしました。
船長、昨年に続きハロウィンに因んで物語を書きました。全四話です。
物語を自作して、その話にそって作品も作る。そんな事をして見ました。
今回の作品はその物語の挿絵です。金色の山を300本のススキで作ってあります。

【自作物語】
≪おしゃべりなカボチャの木(第一話 金色の山)≫

この空の遠い遠いある場所にオレンジ色の星がありました。とても元気な星でした。大きな大きな星でした。
少しボコボコしたいびつな星でした。角が一本生えている少し変わった星でした。
そんな変てこな星のお話です。

そんな星の遠い遠いある国に不思議な場所がありました。
その場所は、誰も行くことが出来ない場所なのです。
でも本当は誰もが行くことが出来る場所なのかもしれません。

その場所は高い高い山々に囲まれてました。麦色の少し寂しい山でした。
でも麦色の寂しく見える山々も、お日さまが当たるとみごとな金色に輝くのです。
その金色の山を幾つも幾つも越えた山奥にその不思議な場所はありました。
金色の場所でした。

その場所には何も無いようでした。金色の野が広がるだけでした。
何処までも何処までも広がるその野はまるで、金色の海のようでした。
穏やかな風に揺れるその野はまるで、金色の波のようでもありました。
しかし、その何も無いように見える場所にも一本の木だけがありました。
その木は金色の海に、ただただ立っていました。

僕はその場所に何度も何度も行きました。
今になれば何度も行った理由がわかります。
悔しかったんです。悲しかったんです。嬉しかったんです。楽しかったんです。
だから何度も何度も行きました。その木に会いに行きました。
その木と話をしに行きました。
そうなんです。その不思議な木は話す事が出来たんです。

つづく


☆花職人バングラッシーオフィシャルサイト
posted by 船長Chii at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 船長とカボチャの木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62141035

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。